fc2ブログ
Happy Life

今日は風が強かったです。

2010/02/07 Sun

病院からのながめ

2月4日(木)、予約外の外来に駆け込み、診察をしてもらったのですが、翌日になっても、状況はかわらず、むしろ、足の痛みはひどくなっており、立ち上がるだけで、絶叫してしまう有様・・・。急遽、おとうさんに仕事を休んでもらい、お姫さま抱っこで車にはこんでもらって、また、外来へ。木曜日に診てもらった■■先生が、初診の外来をされているので、一番に診察してもらう。

昨日と同じ見立てで、「慢性GVHDでしょう・・・」と。グラセプタを増やして、症状をおさえようとしたけれど、それに勝る勢いで悪化してしまったらしい・・・。こうなったら、痛みは入院して鎮痛剤の点滴で押さえ、プレドニンを再開する方法をとりましょうと・・・。いつもは、入院をガンと拒絶する娘も、さすがにこの痛みでその気力はなく、「入院するよね?」の問いかけに、力なく、うなずく。

病室の準備がおわり、病棟にあがったのが、ちょうどお昼ごろ。あ~あ、またもどってきてしまった・・・・。

赤い湿疹は、また、どんどん広がっており、熱ももっている。車椅子からベッドにうつるぐらいでも、足が床につくと、痛くて絶叫。体調最悪なので、点滴の針をさすのも、泣きながら拒否。(痛み止め、入れられませんけど?)

なんとか、なだめすかして点滴の針を入れてもらう。鎮痛剤はまずはソセゴン。あまり、効いた様子はなく、点滴がおわったあとも痛がっている。もっと効く、持続の痛み止めにしてもらおうか?とすすめるが、「点滴にずっとつながれるのがイヤ!がまんする!!」と、耐えている。

プレドニンは、体重1キロ 1㎎で開始。(1日量 40㎎)

夕方、皮膚生検をする。これも、怖がって、痛がってひと騒動・・・・。(汗)

経過と症状からして、ほぼ、慢性GVHDなのだけれど、好酸球が25%と上がっている(薬アレルギーや喘息であがる)ので、薬アレルギーの症状か、GVHDか、ということを確実に診断するために生検が必要とのこと。皮膚に3cmほどの切れ目をいれて組織をとるので、娘はもう、パニック。すこし、薬で、ウトウトさせてもらえるのだけど、意識はあるので、「こわい~~。」「たすけて~~」と大騒ぎ・・・。

GVHDは、結局、組織をとって、確実に診断しないといけないので、それが、子供にとってはかなり負担・・・。腸の急性GVHDのときは、たしか、3回、内視鏡の検査をした。浣腸がいやなので、必死になって、まずい下剤を泣きながら飲むんだけど、結局、嘔吐してしまい、浣腸して便を出すことになったり・・・あのときも、見ていて、つらかったなあ・・・・。

皮膚生検がおわったあとは、眠れる薬がきいたのか、しばし、眠る。。。めざめて、夜、11時ごろ、コンビ二で買ってきたおそばを食べる。今回は、胃腸の症状がでていないのが救い。

寝る前に、手、足、体の赤い湿疹にアンテベートを塗布。痛み、かゆみ ↑ ↑  ソセゴンを使うが、効かず、かゆみがどんどんひどくなり、悶絶する状態。もう一度、前回よりも多めにソセゴンいれてもらうが、全然、効かず、時々、泣き叫ぶぐらいになっている。泊まるつもりはなかったけど、こんな状態でおいて帰れなくて泊まる。

 
スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

awagon

Author:awagon
大切な大切な宝物・・・。四つ葉のクローバーです。

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
海好き
白血病関連サイトが検索できます。
海好き
ドナーズネット
お世話になりました。
骨髄バンクdonorsnet
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる