fc2ブログ
Happy Life

やっと、行けました。「風のかたち」上映会

2010/09/06 Mon

9月5日(日)

今日は、「風のかたち」上映会。2~3ヶ月以上前に、たまたま、区役所の掲示板でこの企画を知って、ずっと心待ちにしていた上映会です。

ホームページで、いろんなところで、上映会&トークショーが企画されているのは以前から知っていました。昨年秋、退院したときも、今、お世話になっている病院の、血液トップの先生が、「細谷先生の映画だから・・・」と、上映会の案内をくださったことがありました。そのときは、大学で学生向けの講演会で、大学病院の小児科の先生が講演をされるのですが、そのプログラムのひとつとして、上映されていました。退院直後で、娘の体調がまだまだ、ひとりで留守番をさせておける状態でなかったので、そのときは、見ることができなかったのですが・・。

それから、約1年・・・。今日の上映会は、ほんとうに自宅の近くの公設のホールだったので、ダンナといっしょに見に行きました。娘も誘ったのですが、「試験勉強しなきゃ・・・。」と、ひとりで留守番・・・。テレビ番組では、子供の病気関係のドキュメントなどを見るのは、好きな娘なのですが、この映画は、あまりにも、身近すぎるのか、見ようとはしませんでした。


1時間45分のドキュメンタリー。全然、「長い!!」と思わなかった。ずっと、画面に引き込まれていて、あっと言う間におわった感じです。


キャンプに参加した子供たちが、カメラに向かって、自分の気持ちや、将来の夢を語る。小児がんといっても、いろんな病気があり、治療内容ちがう、治療中の環境や、家族、友達、学校・・・とりまく環境は、ひとりひとりちがうし、もともとの性格もみな違うからでしょう、あっけらかんと話す子もいれば、うまく言葉にできない子、普通学校で、いじめられた経験を涙ながらに話す子・・・いろんな子供たちのありのままの姿が映し出されます。グループに分かれて、フリートークをしている場面もありました。同じような体験をしたもの同士、話がはずみます。

自然のなかに、身をおいて、おもいっきり体を動かす!!というキャンプならではの、効能はもちろんあるのですが、それ以上に、こうやって「自分のことを語る。」ということが、とても、大事なことなのではないかと、思いました。退院して、普通の生活にもどった娘は、病気のことは語りません。まわりの友達とも話すことはないでしょう。(隠しているわけではないです。わたしは、病名を聞かれれば、あいまいにしないで、ちゃんと病名を話しすようにしています。なので、ほとんどのお母さんたちは、病名を知っているし、当然、お友達も、知っている・・・。でも、話さないのは、話しても、普通のお友達とは、共有できない話題だからだろうと思います。)

体育は休んだり、学校への車での送迎も欠かせないけれど、とりあえず、地元の中学校に通える状態になった今の娘をみていると、公には、まるで、病気になったことなどなかったかのような顔をみせているようにみえるときがあります。けして忘れているわけではないのでしょうが、病気になった体験を、胸の奥の奥のほうに鍵をかけてしまっているような・・・。

そうやって、段々、普通の生活にもどっていくのでしょうが、こんな強烈な体験は、忘れて、蓋をしてしまうことなんてできるわけがない、だから、こういう場所で、気持ちを開放して話す体験ができればいいのに・・・とわたしとしては、常々思っています。


10年前にはじまったこの活動は、今は、「そらぷちキッズキャンプ」として継続されています。最初に入院したときの同期(?)のお友達も何人か今年のプレキャンプに参加したようで・・・。行事や、催しには、ちょっと、斜にかまえて、あまり積極的でない娘ですが、このキャンプには、いつか、行きたい!!と。いつか、夢がかなえばいいのですが・・・。




にほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

awagon

Author:awagon
大切な大切な宝物・・・。四つ葉のクローバーです。

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
海好き
白血病関連サイトが検索できます。
海好き
ドナーズネット
お世話になりました。
骨髄バンクdonorsnet
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる