fc2ブログ
Happy Life

発病から移植まで。(18)

2010/07/03 Sat

7月2日(金)

4日ぶりの登校です。中間テストがほとんどもどってきました。

数学は、5割ちょっとの点数で・・・・、まあ、苦手科目だからしかたがないか・・と思っていたのですが、蓋をあけてみると、ほとんどが、5割ちょっとの点数でした。(ガクッ・・・・)

やっぱり・・・普段、勉強していないから仕方がないですね・・・。テスト前に詰め込むのも、なんだか、要領悪かったし・・・。

これを教訓として、日々の勉強を大事にしてくれればいいのですが、「のど元すぎれば・・・なんとやら~。」で、自主的に勉強する気、ゼロですな・・・。




今日は、過去の記録を少し・・・。


2009年1月、移植のために再入院。放射線科の診察があったり・・と着々と準備がすすんでいきます。

無菌室に入るのは、前処置の放射線がはじまる日だったかと記憶していますが・・・さだかではない。


再入院当初は、大部屋で過ごしていました。


移植日が近づいて、無菌室に入る日が近づいてくると、どきどきしたものですが・・・・。


意外なことに、ここの病院の無菌室は・・普通の個室にアイソレーターをいれるタイプで・・・「え?これで大丈夫?」という感じでした。よく、ドラマで無菌室といえば、誰もはいれなくて、ガラス越しに電話で話すようなイメージですが・・・(赤鼻のトナカイで、須田くんが最後に入ってましたね。)今は、そんな物々しくはないようです。前の病院で、見せてもらった教育用のビデオはかなり古いもので、無菌室にはいる前に、全身、きれ~~に洗って、殺菌用のクリームを全身に塗る!という場面もありましたが、そんなことは今は、しなかったです・・。


とは言っても、前の病院の無菌室は、ベッド、洗面台、トイレ、シャワーがコンパクトにまとめられた「ベッド付 ユニットバス」のようなお部屋だったので、「あ~~、無菌室に入ったのね~~。」という感じだったのですが、ここの病院の無菌室は、普通の個室にビニールのカーテンがついていて・・・アイソレーターをベッドまわりにいれただけ・・・洗面台のお水は消毒液入りでしたが・・・なんとも・・・素人目には心もとない感じがしました。


特に、気になったのは、シャワーがついていないこと・・・。前の病院では、小さい子供が無菌室にはいるとき、先生から、「つらくても、がんばって、毎日、シャワーは浴びるんだよ~~。2週間もすればずっと楽になるからね~~。」と言われて、とにかく、がんばってシャワーを浴びていたらしいので、「おふろ、入れなくていいの??」と心配になってしまいましたが・・・・。そのことを、主治医の先生にいうと、けげんな顔をされていたので、病院によって考え方が全く違うのだな~と思いました。



実際に移植をすると、うちの場合、もう、シャワーどころではなくて、day44で、はじめてシャワーをあびることができました。また、くわしく書きますが、そのころ、体温調節が、ほとんどできなくて、浴室で服を脱いだ途端、「さ・む・い・よ~~。」と、絶叫、ガタガタガタガタとふるえだし、歯がカチカチなっていました。舌の根があわないっていうのは、このことなんだな~と、妙に感心してしまいました。と、同時に、お風呂にすらまともに入れないなんて、大変なことになってしまった!!と、とても、不安な気持ちになったことを今でも、鮮明に覚えています。


なので、移植直後から、シャワーをあびるなんて、なんて超人的なんだ!!と思うのです。





にほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ
にほんブログ村




スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

awagon

Author:awagon
大切な大切な宝物・・・。四つ葉のクローバーです。

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
海好き
白血病関連サイトが検索できます。
海好き
ドナーズネット
お世話になりました。
骨髄バンクdonorsnet
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる