fc2ブログ
Happy Life

発病から移植まで (6)

2010/04/06 Tue

2008年7月22日からはじまった「寛解導入療法B」が、42日後の9月1日におわりました。



嘔吐、便秘、腹痛と副作用に悩まされ・・・プレドニンの大量投与で、気分が安定しないなど、いろいろありました。



ただ、時間がたつと、病院の環境にもなれ、同じお部屋のお友達と遊んだり、週3回、院内学級で、授業を受けたり、・・・治療以外の「生活」の部分がすこしつづ増えてきました。



院内学級は、小児科外来棟に、教室があり、免疫力がとても低いとか、体調がわるくおきられない状態であれば、病室でも、もちろん授業をしてくれるのですが、みんな、教室に行くの楽しみにしていました。ベッドを離れ、教室で、学年はちがっても、みんなでワイワイ勉強ができるので、とても、よい気分転換になったと思います。



陶芸の授業があって、みんなで色付けをする授業のときに、ちょうど、赤血球の輸血と重なり、病室にいなければならなくなりました。(輸血中はアレルギーがでるかもしれない・・ということで、)楽しみにしていた授業にいけず、沈んでいたところ、ベテランの看護師さんが、「病院内にいるんだから大丈夫やろ~」と、先生にねじこんでくれて、参加できるようになったことがありました。そんな、子供の楽しみ、治療以外の部分を、一生懸命もりあげてくれる恵まれた環境にいました。



寛解導入療法の間は、LK(芽球=白血病細胞)の値が増えることはありませんでした。(今にして思うと、抗がん剤治療中だから当然ですよね・・・・)でも、これで、移植の話はなくなるかも・・・と、淡い期待を抱いていました。



9月2日


骨髄の検査(マルク)を行う。
このころ、38度の熱がつづいていた。抗生剤の点滴。免疫グロブリンの点滴。
指先のしびれを訴える。がまんできないほどではない。指先や、足先の冷感 ↑ 。


9月3日


生食禁止が解除となり、メロンがでた!!と喜ぶ。熱はときどき、39度以上になることも・・・。
20:00ごろ、主治医のK先生がベッドサイドにくる。ベッドから少し、はなれて、カーテンをひいて、娘にはきこえないようにして、マルクの結果の話。I医大からの回答で、MRD(微小残存病変)が調べられないタイプだった。といわれる。R医療センターに他に調べられる方法はないか問い合わせているところだと・・・。



9月4日


いろいろ用事をすませて、病院へ着いたのは、午後5時ごろ。ベッドの上で、横になって泣いている。きのう、ベッドサイドで聞こえないようにした話が、きこえていたらしい。「自分の病気はなおらないの???」と泣く。
病気のこと、治療のこと、「どうせ、なるようにしかならないでしょ!」というスタンスで、自分からはいっさいお医者さんには質問しなかった娘。「君と白血病」も、読んで見たら?とすすめても、全く興味なし。だったので、主治医と親の話も、全然気にしていないと思っていたのだが・・・・。カーテン越しに、じっと、耳をすませてきいていたんだ・・・・。そして、「・・・・わからないタイプ・・・・」なんて、言葉をきいて、一晩、不安で不安でたまらない夜を過ごしたんだろう・・・。

MRDのことを、簡単な言葉で正確に説明して、娘を安心させる。


でも、安心なんて・・・したのかな・・・・。きっと、してないよね。意味がわかったところで、自分の命が危険にさらされていることにかわりはなかったもの。




にほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

Secret

胸が詰まる思いで読みました。子どもって気にしない素振りを見せながら、ものすごく親や先生達や看護師さん達の表情や言葉を読み取っているんですよね。娘もそうでしたよ。

治療上のきつい話は病室の外でまずは親から。娘の主治医O先生はどんな時も貫いていました。普段はかったるそうな雰囲気で血液グループの他の先生方とカラーが違う感じの若いパパ先生なんですが。

コメント、ありがとうございます。

あっきさんへ。

今でもそうなのですが、うちの娘は、自分の病気のことや、治療内容については、本を読んだり、先生や、看護師さんに質問したり・・・など、自分から、情報を得ようとすることは、ほとんど、ありません。(というか、全く・・・)

でも、テレビで、小児科病棟のドキュメントなどがあれば、食い入るように見ています・・・。

やっぱり、自分のことは、こわいのだと思います。

でも、そんな素振りをみせないので、ついつい、大丈夫なんだと錯覚してしまうのですが・・・。慎重にせねばいけませんね・・・。

O先生は、直接の担当ではないのですが、血液の患者だということで、うちの娘にも、病棟や、外来で、いつも声をかけてくださいます。

娘が身長のことで、外来で泣き出したときも、「どした、どした??」という感じで、覗きにきてくれたり・・・。

一見、強面(先生、ごめんなさい!!)なんですが、とても、情が厚い方なのでしょうね。そして、細かい、気配りができる・・。
声をかけてもらえるだけで、なんだか安心してしまいます。
プロフィール

awagon

Author:awagon
大切な大切な宝物・・・。四つ葉のクローバーです。

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
海好き
白血病関連サイトが検索できます。
海好き
ドナーズネット
お世話になりました。
骨髄バンクdonorsnet
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる