fc2ブログ
Happy Life

発病から移植まで (5)

2010/03/30 Tue

2008年7月29日からはじまった「寛解導入療法B]。前回は、3週間の治療がおわった段階で、マルクを行ったところまで書きました。その続きです。




2008年 8月19日~8月25日   
 寛解導入療法B 4週目のメニュー


プレドニン 80mg(経口)  毎日
オンコビン2mg(静注)    1日目のみ
ダウノマイシン34mg     3日目 4日目
ロイナーゼ           1日目 3日目 5日目
エンドキサン1400mg      2日目

その他 吐き気止めの点滴





2008年 8月26日~9月1日
 寛解導入療法B 5週目のメニュー


プレドニン  40mg→14mg→7mg と段階的に減量。
オンコビン2mg(静注) 1日目

その他 吐き気止めの点滴




寛解導入療法がはじまって、多量の抗がん剤が、からだの中に入っているはずだが、2週目、3週目、あたりまでは、吐き気を訴えるぐらいで、院内を点滴台をひきながらブラブラしたり・・・比較的元気な様子だった。髪もまだ、そんなに抜け始めておらず・・・、「「お?楽勝か?」と思わせる様子だったのだが・・・・・。



ガツンっと強烈なのがきました!!



8月25日ごろから、急に腸の動きが悪くなったらしく、朝から午後3時ごろまで、とか、午後3時ごろから夜の8時ごろまでとか、5~6時間ずっと、激痛に耐え忍ぶという状況が何日か続きました。(オンコビンの副作用? いろんな薬がはいっているので、なにの副作用かはよくわからないのですが・・・)




看護師さんの説明だと、腸は、全部、動かないわけではなく、動かなくなっているところが、動くところにひっぱられてひきつられることで、痛みが↑↑↑になるのだそうで・・。




確かに・・・・波があり、時々、強烈な痛みがきて、声をあげて泣き出すほど・・・・。




痛みの原因になるその腸の動きを治す薬はないので、アタラックスPで、意識をふわ~~っとさせて、しのぐしかないのですが・・・・。それも、あまり効かない・・・。




体位をかえると、少しましになる様子で、最後には、わたしもベッドにあがり、うしろから支えて座らせて、おなかさすったり、腰をさすったり・・・(陣痛みたい・・・)していました。




強烈な便秘にもなり、トイレにすわって、油汗をかきながら、うんうん、苦しみ、そのまま嘔吐してしまったり・・・・。こんなに苦しむ子供をみるのは、はじめてだったので、わたしは、ただただ、オロオロ・・・。しっかりしなきゃ、と思いながら、いつも、涙目になっていたなあ・・・・。



ちょうど、この時期から、髪もごっそりと抜け始めました。



この時入院していた病院は、血液疾患の子供さんが多く、男の子は、気持ちよく、みんなツルツル!!
女の子はお帽子さん・・・。小学生低学年ぐらいの女の子だと、お風呂上りなんか、帽子をかぶらないで、平気で廊下を歩いてたりして・・・そういう環境にいたので、娘自身、髪が抜けるということにそんなにショックを受けている様子はありませんでした。外の世界とはまだ隔絶されていたし・・・・。




とにかく、最後に、きっつい副作用がでましたが、9月1日で「寛解導入療法B」は終了・・・。



あとは、外泊に向けて、白血球のあがりまちです。






にほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ
にほんブログ村      

スポンサーサイト



コメント

Secret

おなかが痛くてどうにもならないこと、うちもありました。代わってあげられないし、どうすれば痛みが和らぐのかあれこれ試してみてもなかなかこれといったいい方法がなくて、私も涙目でオロオロしてました。ベッドの上で腰をさすり続けたのも一緒です。
治療後半は、痛くなる予感がしたら即ホットパックをお守りのように抱えていました。いまだにおなかが痛くなると、ホットパックがほしい!と言います。(笑)

ラキソの力を借りてました

寛解導入療法と後半の強化療法でオンコビン、ロイナーゼ入れてました。オンコビンは便秘になりやすく、ロイナーゼは急性膵炎の副作用が出たら即対処が必要と説明を受けていて、膵炎の腹痛なのか便秘の腹痛なのか判別しにくくなると大変だから…とラキソベロン(便をやわらかにして便通をうながす薬)は入院中毎晩夜のお薬の時に飲んでいました。強固な便秘で痔になったりしてもいけないということでした。

後半治療ではラキソベロンだけでは効きにくくなってきて、マグラックスも追加したりもして。両方が効き過ぎて下痢ぎみの日もあったり。入院中はお通じのコントロールも大変でしたね。

ホットパック!お世話になりました。

bokuraさんへ。
コメントありがとうございます。

そうそう、ホットパックにはお世話になりました。

面会時間になって病室に行くと、ベッドのなかから、2~3個、もう、つめたくなったホットパックがでてきて、「昨夜は、戦っていたのだな~~」と、大部屋とはいえ、痛みにひとりで耐えていた娘を思うと、つらかったですね~~。そばに、いても、かわってあげることはできないんですけどね・・・。



オンコビンが強烈だった!

あっきさんへ。
コメントありがとうございます。
ロイナーゼは、寛解導入療法Bとそのあとの早期強化療法Aの両方で使いましたが、オンコビンは寛解導入のときだけでした。ちょうど、はじめての激しい腹痛と、オンコビンを入れた日が重なっているので、娘は未だに、「オンコビンのときは、きつかった~~。」と、回想しております。
便秘に対しては、ミルマグ(マグラックスのゾロ品?)がずっと処方されていて、ラキソは、排便がなかったら・・という使い方・・でも、結局、排便はなく、ラキソも毎晩、使っていたかなあ・・・。
プロフィール

awagon

Author:awagon
大切な大切な宝物・・・。四つ葉のクローバーです。

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
海好き
白血病関連サイトが検索できます。
海好き
ドナーズネット
お世話になりました。
骨髄バンクdonorsnet
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる