FC2ブログ
Happy Life

転校を繰り返して思うこと。

2010/06/27 Sun

6月26日(土)


午前中は部活。ゆっくり寝かせてやりたいと思い、起こすのはギリギリ・・・・。車で送ってなんとか間に合う。


帰りは、自力で歩いて帰ってくる。「明日、お友達と遊んでい~い?」と。テストが終わったので打ち上げなのか、同じクラス、同じ部活のお友達、4人でカラオケにいく約束をしてきたという。(今度は、少人数なので、歌う気満々・・・。)





入院中の学校のこと・・・・。


長期入院になると、地元の学校から、その病院のある区の特別支援学校に転校しなければならない。

特別支援学校で、病院への訪問授業を行っているからだ。




はじめに長期入院をしたS病院は、訪問だけではなく、病院の中に、○○○学級といって、特別支援学校の出先機関のように、教室をもっていた。生徒は、基本的に病室から、その教室に登校。具合がわるい、病室を出られない場合は、○○○学級から先生が病室に訪問して授業をしてくれる。

そういう関係もあるのか、転校の手続きのために、△△区の教育委員会(学務課?)の方とも会わなければいけなかったのだが、病院の方に、区の方と、特別支援学校の先生がきてくださって面接(といっても、簡単に病状などを聞く程度)してくださった。

病気がわかって、入院生活がはじまったばかりのころ・・・娘の発病というショックも冷めやらないまま、わたし自身、気持ちの余裕がなく、目の前のことをこなしていくことで精一杯だった時期・・・。そんな状態だったので、病院まで担当の方が出向いてくださったのが、とても有難かった。




つぎに転院した「移植病院」は、区がかわってしまうため、また、その区の特別支援学校に転校することになる。「移植病院」では、S病院のような○○○学級はなく、先生が、特別支援学校から、病院に訪問して授業をしてくれるスタイル。

転校の手続きで、その区の教育委員会(学務課?)の方と会わなければいけなかったのだが、区役所まで来るように言われた。

その当時は、病院に泊まりこんでおり、病院から区役所に出向いた。寝不足でふわふわしながら、病院の前からバスに乗って区役所まで行った。入院して5ヶ月ほど経っていたて、精神的には少し、楽になっていたので、「まあ、こんなものか・・・。」と思ってでかけたが、区の職員に、経過や今の状態をささっと聞かれただけの面接・・・・。夜中も、子供の看病をしている親をわざわざ呼び出してまで、しなければいけないことなのかね~~???と、今にして、思う。今度、転校する特別支援学校の先生と話をするならまだしも、役所の職員は、ただ、書類を作るためだけの面接だろ??電話とか、郵送で、できるだろ??て、思う・・・。



そういうと、たぶん、状況によっては考慮します・・・ってなるんだろうけど、考慮して「来なくていいようにできること」であれば最初からそうしろよ!って話です。



移植病院から、退院して、一度、地元の小学校にもどったあとも、GVHDで、長期入院してしまったので、結局、その区役所には、2回、転校のことで面接にいっているわけですよ・・・。



きょうは、(めずらしく)毒を吐いてしましました。


6月26日 あずき1

ごめんね。








スポンサーサイト
プロフィール

awagon

Author:awagon
大切な大切な宝物・・・。四つ葉のクローバーです。

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
海好き
白血病関連サイトが検索できます。
海好き
ドナーズネット
お世話になりました。
骨髄バンクdonorsnet
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる