FC2ブログ
Happy Life

発病から移植まで。(17)

2010/06/23 Wed

2008年12月で、移植前の化学療法がすべておわり、年末に一時退院しました。



退院間際に、放射線科で、移植前処置の放射線治療の説明がありました。放射線科は地下にあるのですが、一度、建物の外にでて、別棟にはいる・・という構造になっています。夕方の施術で、ストレッチャーにのった娘といっしょに放射線科に降りるときは、そこで、一瞬つめたい風にあたり・・・・なんとも、悲しい気持ちになったものです。


放射線科の先生の説明、どういうふうに放射線をあてるか(肺を保護する鉛をおく。)副作用や、晩期障害についてでした。(妊娠する可能性を残すために、卵巣も保護して放射線をかける病院があると、ネットだったか、本だったか?で読んだ記憶があったのですが、卵巣を保護したことで、白血病細胞が残ってしまって再発・・・なんてことも、ありえると書かれており、もう、このベストな方法(肺以外の全身照射)にしよう!と覚悟を決めました。)


1月2日に、外来受診はしなければいけなかったのですが、入院は1月12日。2週間ほど、自宅で過ごすことができました。



当時のこと、あまり、記憶にないのですが・・・・。さすがに・・・お正月気分は味わえなかったように思います・・・。



家での食事は、娘のリクエストで「お鍋」が多かったな・・・。病棟ではでないですもんね・・・。「おいしい、おいしい!!」と言って食べてくれました。



CVカテーテルは、移植用のものに、入れ替えなければいけないのですが、それは、入院してから。とすると、12月、退院するときに、CVカテーテルは必要ないので、「抜いてすっきりして帰りますか?」と、主治医の先生が素敵な提案をしてくださったのですが、小児外科の先生が、一度抜いてしまうと皮下トンネルがふさがってしまうので、「移植用のものに入れ替えるときに抜きましょう・・・」ということになる。




長い、一時退院期間、自宅でCVケアです。慣れたとはいえ、「移植前の大事な時期!ばい菌なんか入ったら大変!!」と、緊張しながらケアしました。そして、移植が無事におわれば、これも、なくなるんだな~~。次に家に帰るときは、きっと、カテーテルのない体になっているんだな・・・。と早くその日が来るように、祈るような気持ちでケアをしていました。







にほんブログ村 病気ブログ 心臓・血管・血液の病気へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

awagon

Author:awagon
大切な大切な宝物・・・。四つ葉のクローバーです。

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
海好き
白血病関連サイトが検索できます。
海好き
ドナーズネット
お世話になりました。
骨髄バンクdonorsnet
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる