FC2ブログ
Happy Life

2学期の中間考査でした。

2011/11/21 Mon

平成23年11月20日 ばら

英検の面接試験がおわり、やっと、テスト勉強ができる・・・と、意気込んで、夜更かししたのが悪かったのか、翌日の月曜日、「頭がいた~~い・・・おきられない~~。」と、学校を休む。熱は平熱。風邪の症状もなし。12時近くまで、ベッドでグダグダ・・・・。

そして、その翌日の火曜日も、やっぱり、「起きられな~~い。」と欠席。水曜日から試験だというのに、前日と前々日、2日間も休んでしまいました。

体力的には、随分、元に戻ってきたなぁ・・・なんて思うこともあるのですが、「ここぞ!」というときに、踏ん張りがきかない感じがまだ残っています。無理ができないのです。

テスト一日目は、2日間の休養のおかげか、すっきり登校・・・。

でも、2日目、なんと、わたしも、娘も、朝寝坊!! 8時25分始業だというのに、起きたのが 8時8分でした!!ひえ~~っと、飛び起きて、着替えただけの娘を車に乗せて、走る!!学校の近くになると、足早にかけてく生徒たちの姿がちらほら・・・・。校門のあたりになると、結構な人数!!(これを、朝のラッシュアワーというそうです。)娘も、靴箱のところで、同じクラスの友達二人とあって、いっしょに、階段をあがって、何とか間に合ったそうです。

その日、帰宅して、そのときの様子を話しながら、「2年生って、4階だから損なんだよね~~!!1年生を4階にしてほしいわ!!」なんて、ブウブウ・・・・。それを聞きながら・・・2年前の小学校卒業間際の頃を思い出していました。あの頃は、階段がのぼれなくて、教室までたどりつけなかった泣き泣きの日々でした。そんな娘が、今は、遅刻しそうになって、お友達と、4階まで、駆け上がっている・・・だぶん、「ちょ~、まずいよ~~。」なんて言いながらも、笑いながら駆け上がっていったのだろう。当時のことを思い出して、しみじみしている親の気持ちとは裏腹に・・・もうその頃のことは、忘れてしまったかのような娘・・・・。たぶん、忘れてはいないのだろうけど、子供は、今を生きることで精一杯なんだなあ・・・きっと、大人みたいに、過去のことをは振りかえったりはしないんだろう。と思う。頭の中は、現在と未来でいっぱい・・・・それはきっと、子供の特権なのでしょう。

テスト、最終日は、「エンジョイ○○中」といって、生徒全員でレクリェーションをする行事があります。学年、クラスを超えて交流をはかろう!!という生徒会の取り組みです。参加は義務ではないのですが、参加者が少ないので、吹奏楽部は、顧問の先生の方針で、全員参加するように言われていると・・・でも、運動場でのレクなので、走り回りったり、球技をしたりなので、娘はできない・・・それでも、「やっぱり、帰るとまずいよね??」と、教室で見学するそうです。まるで、深窓のお嬢様??(車で送迎してるし!!)

「他に、見学する子とかいるの??」ときくと、「いないよ~。」と。(たぶん、そういう生徒は、自由参加だから帰宅するのだろう・・・・)でも、みんなと同じように活動できないことを特に、気にしている風でもない。中学生という年齢が、ちょうどよかったのかもしれない。(なんだか、人と違う行動することに、ちょっと、カッコいい・・・なんて思う年齢。)それに、学校の雰囲気にも助けられているのだと思う。(2クラスしかなくて、・・・担任の先生いわく・・・この学年はおっとり、ほんわかしているらしい。)

体力もそこそこついてきて・・・・学校も、楽しんでいる・・・。長期入院していたころのことを思うと、本当に、よかった・・・もうこれ以上、なにか望んではいけないように思えるのだけど・・・・。

やはり・・・テストの点数は、もうちっと上がらないかな~~と・・・・欲深い親です。

スポンサーサイト



部活再開・・・でも、体調はいまいちで・・・。

2011/10/16 Sun

9月のちょうど末日から、娘の吹奏楽部は、部活停止になってしまったのですが、1週間後の先々週の金曜日、晴れて謹慎がとけ(案外はやいのですね・・・。)活動再開となりました。



が・・・・活動再開した途端・・・喉にくる風邪が2年生を中心に蔓延したらしく、その翌週の火曜日あたりから、のどがガラガラ・・・・。特に朝起きたときは、声が出せなくなっていました。



幸い、高熱は出ていないし、元気もあるので、学校へは朝錬から登校・・・。(修理に出していた車ももどってきたし♪)帰りも、なんとか、ひとりで帰ってきていたのですが・・・・。



ついに、木曜日の午前中、またしても、養護の先生よりお電話、「喉がとても痛い様子です。帰らせてもよいですか?」と。すぐには抜けられない仕事だったので、とりあえず、ひとりで帰らせてもらうように伝えて、お昼ごはんをコンビ二で調達して、わたしも、自宅へもどりました。



具合が悪くなって、早退するにしても、最近は自力で帰ってこれるので、助かるな~~。事務所は、自転車で、20分のところだし、まあ、デスクワークでないので、外出していることが多いのだけど、それでも、訪問先は、同じく自転車圏内だから・・・・なにかあれば、自宅に戻れる・・・・。



精神的にも、わたし自身が、今まで、娘離れできていなかったというか・・・・いつ、何があるか、わからないという心境で、(何もなくても)仕事は、気持ち半分しかできていなかったけれど・・・今は、だいぶバランスがとれてきたように思います・・・・。免疫抑制剤がおわったあたりからでしょうか・・・・なにか、安心感が全然違うのです。

喉が、ガラガラしてても、熱がなければ、「ひとりで、帰ってきなさいよ!!」なんで、スパルタなことを平気で言えるようになりました。



自宅へもどると、案の定、ソファの虫になってゴロゴロしている娘。さすがに、つかれている様子で、言葉少ない・・・。でも、熱はないので、娘のリクエストのコンビ二で買った「明太子マヨネーズ」のおにぎりと、冷やしうどん(これは、家で作りました。)を用意して、また、仕事にもどりました。





翌日は、整形外科の外来日。もともと、学校はお休みをすることになっているので、娘も、なんだか気持ちがダレていたのかもしれません・・・。








にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村

ジレンマとジンマシン

2011/10/08 Sat

9月の最後の週に、2ヶ月ぶりの血液内科の外来受診があったのですが、それ以降、今週までの記録です。





実は、血液内科の外来受診の日、娘は当然、欠席していたのですが、部活動で、ちょっとした事件があり・・・・。



なんと、「活動停止」の処分が下ったと・・・・夕方、お友達から、メールがありました。



10月は、いくつか、演奏するイベントがあるのですが、出演できるかどうかわからないらしく、メールの文面をみただけで、落ち込んでいました。



しかも、反省の意味をこめて、朝練をしていた時間帯に、学校の清掃をするとか・・・・。これは、遅れるわけにはいかない!!と、翌日、朝練のときよりも、少し早めに学校に行きました。







どうやら、「部活停止」なった理由は、部活動中にお菓子を食べてしまった生徒(1年生らしい)が何人かいたからだと・・・。反省文を書くこと、しばらく、学校の清掃活動をすること。を顧問の先生から厳しく言い渡されたそうです。その前に、部員全員で校長室にあやまりにいったり・・・・3年生の先輩のところにあやまりにいったり・・・と、まあ、平穏無事に過ごしていれば味わえないような試練も味わったようです。



家でも、その話題になったとき、お兄が、「僕のときも、部活停止になったことあるよ~~。ガム食ってたやつかいてさ~~。」と。



(お菓子たべる→顧問、怒る。→部活停止。これってよくあることなのか??)



「一部のやつが食っただけなのに、連帯責任だっていわれるんだよな~。食ってなくても、なんで、注意しなかったんだ!!って。でも、食ってたのが、(サッカーの)うまい、リーダー格のレギュラーメンバーだから、注意なんかできるわけないやん。」と、自らの過去のへたれぶりを暴露しながら、当時のことを思い出し、愚痴っぽく語っていました。



今まで、「1年の態度がわるい・・・・。」とか、「掃除もしないで帰った!!」とか、1年生のことを散々家で愚痴っていた娘、それに同調するかな?と思ってみていたのですが、意外と、スルー。「へ~、そんだったんだ~~。」といいながら、反省文を書くことに没頭していました。



今回のことで、「連帯責任」の意味や、「先輩としてどうするべきか?」ということを、しっかり考えてくれたのだといいなあ・・・と思いました。(反省文はみせてくれなかったけど・・・)





そんなわけで、部活がある予定だった日曜日も清掃活動。でも、先週、外来に行く前日に、車をこすってしまい、金曜日から修理に出していたので、この日は、車で送ることができず、行きも帰りも自力で帰ってきました。



週があけて、月曜日。この日も朝7時半から清掃活動。でも、まだ車は戻ってきていなかったので、早めに家をでて徒歩で学校に向いました。少し、体調が悪いみたい・・・「ちょっと、貧血かも・・・ふらふらする・・・。」といいながら、清掃活動はなるべく休みたくないと思ったのか、ひとりで家をでました。



でも・・・そのすぐあと、学校から電話が!!「気分がわるいと、保健室に。蕁麻疹もでています。」と。すぐに迎えにいきたかったけど、車はないし、1件だけどうしてもはずせない仕事があったので、「歩いて帰れるとはいってますよ。」という言葉にあまえてそのまま帰してもらうようにする。



1時間後、仕事をおえて、家にかえると、すでに娘、帰っていて(ひとりではなく、心配した養護の先生が家まで送ってくれたらしい)ソファに横になっていました。



「あ~~、今日は貧血だと思う~~。きっと、ヘモグロビン、10ないよ~~。」といえるだけの元気はある。でも、先週末にはおさまっていた蕁麻疹がまた、強烈にでたのだという。「今までのなかで、最高の出方だった。」らしい。わたしが、見たところもうおさまっていて、足に少しブツブツがある程度。



う~~ん・・・・。よほど、清掃活動がいやだったのか~~??



その日は、一日、ソファでゴロゴロしてましたが、夕方には、「もう、貧血治ったみたい。明日は学校にいけるよ!!」と、明日の打ち合わせを、お友達とメールでしていました。その翌日は、地域の中学校の連合体育大会で、(もちろん、娘は応援に行くだけ)学校から、徒歩で約1時間かかる運動公園に現地集合、現地解散することになっているのです。



1時間も、歩けるのか??今日、貧血でお休みしているのに??せめて、学校までは車で送ってやりたいけど、まだ車がないので、家から学校まで、15分あるいた上にまた1時間歩くことになるよ!!と心配だったのですが・・・まあ、自分の体調は自分がいちばんわかっているだろう・・・と娘を送り出しました。





その日は体調が復活!!していたみたいで、夕方、自力で戻ってきた娘、結構、元気そうでした。「ブツブツ、全然、でなかった~~。」と。



今日は、授業がなかったら??勉強しなければ、ブツブツはでない??



う~~~ん・・・・蕁麻疹の、原因はやはり、勉強にありそうです。

きっと、体が拒否反応をおこすほど・・・・勉強嫌いなのね・・・・。



よい成績をとりたい・・・という気持ちはあるようで・・・。

それだからこそ、ジレンマがジンマシンを生むのですね・・・・。



親としては、もちろん、成績アップも望みますが、それよりも、ブツブツが続くのがいやだな~~。あんまり、プレッシャーをかけているつもりはないのですが・・・。







にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村






結果はなかなかでないけれど・・・。

2011/09/26 Mon

夜おそくまで試験勉強をしていましたが、結果が、すぐにあらわれるほど、甘くはなく。。。。

今回も、ほとんどの科目が、平均点ちょい下ぐらいでした。







病気をして、小学5年の夏休み直前から、6年の卒業まで、院内学級だった。



院内学級は、主要科目(算数、国語、理科、社会)だけしか授業がないうえ、授業時間数が、普通の学校よりも、少ない。週2時間×3。(半分以下。)



おまけに、先生が病室まで来てくれても、抗がん剤の副作用が強いときは、とても、授業ができる状態ではなかったし、骨髄移植直後の無菌室では、授業はできなかったので、3ヶ月は授業を全く受けることができなかった。



小学5年から6年はちょうど、算数が難しくなってくるところで、割合や、平均、パーセント・・・といった単元が、ちょうど勉強ができなかった期間に入っており、案の定、そういう概念は全く頭の中に入っていない。



今回の数学の範囲は連立方程式でも、計算問題はできて、Xとyの値は求められるのだが、文章問題になると、ダメ。「100円の20%引き」ぐらいであれば、なんとなくわかるようだが、「今年の生徒の数は、去年に比べて10%少ない」になると、もう、お手上げ・・・。今年の生徒数をX(去年の生徒数)をつかってあらわすことができない・・・。



もともと、算数は苦手だったので、このブランクはきついんだろう。



自分のペースで、このブランクを取り戻していけるように、中学入学前から、個別授業の塾へ通わせているが、個別なだけに、授業料が高い・・・予備校生もいる我が家、教育エンゲル係数がかなり高い。



投資している金額を考えると早く結果をだしてもらいたいところだけれど・・・・・・・。

これだけ勉強しても、5割以下の結果に、逆に、無駄な投資になるかもしれないと思う今日この頃・・・・。





ま、気分をかえて・・・と、三連休初日、N小玉川に娘とショッピングに出かけました。





ビレッジバンガードで、トイカメラをみつけて、もう、ほしくてほしくてたまらなくなった娘。「自分のお小遣いで買いなさい。」というと、1時間以上熟考していましたが、結局、買っていました。(2000円程度の画素数が一番低いもの)



またまた、勉学から遠ざかるアイテムを手に入れてしまった・・・・。これじゃあ、やっぱり、投資は無駄になるよなぁ・・・。









にほんブログ村 病気ブログ 白血病へ
にほんブログ村










やっと、中学生らしくなりました。

2011/09/18 Sun

先週の水曜日から金曜日まで、1学期の期末テストでした。(2学期制なので、この時期に一学期の期末があります。)

1年の学年末テストは、肺の真菌症の治療で入院しており、病院からテスト期間だけ通学。2年の1学期の中間テストは、風邪を引いてしまい、テスト前の1週間、まったく、登校できなかった。


半年ぐらい前までは、フル登校して、部活して・・・・だと、夜はもう11時過ぎまでおきている体力もなかったので、試験勉強も、あまり無理ができなかった・・・・。


勉強よりも、身体のことが心配・・・・。実際に、テストの前には体調を崩してしまい、入院や、自宅で療養・・・。勉強は二の次だった。体調もばっちりで、欠席もなく、勉強も遅くまでできて臨めるテストは今回が初めてなんじゃないだろうか・・・・。

今回は、日ごろの勉強不足がたたって、試験前1週間は、けっこう、夜遅くまで勉強していた。あれも、やんなきゃ、まにあわない!!とパニックになりながら、連日、1時過ぎまで・・・・。娘は、もう限界!!っていうところまで、勉強していて、眠たくなったら、歯磨きして(朝、シャワー派です。)そのまま、さっさと、ベッドに入ってしまえばいいのだけど、それにつきあう私は、くたびれました~~。娘が寝るために部屋にあがるときに、「お付きの者」のように、娘の後ろを、たくさんの教科書やノートをもって上がり・・・・。そのあと、リビングを片付け・・・・。お風呂にはいる・・・。(←入れなくてソファで撃沈してしまうこともありました。)

テストがおわってホッとしているのは、わたしのほうかも・・・・。

試験前は、夜遅くまで勉強・・・。でも、これは、中学生だったら普通のことなんだろうな・・・。やっと、中学生らしくなったということか・・・。


そして今日から三連休。娘、お友達との予定がいっぱい。今日は、午前中、部活、夕方から地元のお祭り、明日は、公立高校の文化祭、月曜日は、買い物&カラオケ・・・・。


去年の今頃は、ちょうど、膝の痛みがでてきた頃だったか・・・・。免疫抑制剤もまだけっこう飲んでいたので、血液内科も月に1~2回は通っていた。いろんなことがあったけど、なんだか、遠い過去のことのようにも思える。わたしでさえ、こんな気持ちなのだから、娘は、もっと、過去のこと、忘れ去っているのかもしれない。


膝の痛みは、どういうわけか、今年に入ったあたりから、おさまっている。痛みが出てきたのが、ちょうど1年前の今頃で、一時は、夜、曲げられないほど痛んだりしていたし、治療は、手術して人工骨を入れるしかないといわれて、わたしはとてもショックだったのだけど、今、娘は「小走りぐらいはできるんだけどね♪」なんていっている。

学校への車で送迎していることや、体育の授業を全部見学していること・・・・・・そろそろ見直してもいい時期がきているのかもしれない。
プロフィール

awagon

Author:awagon
大切な大切な宝物・・・。四つ葉のクローバーです。

CalendArchive
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログ村ランキング
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
海好き
白血病関連サイトが検索できます。
海好き
ドナーズネット
お世話になりました。
骨髄バンクdonorsnet
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる